• のがわ歯科クリニックについて

のがわ歯科クリニックについて

ご挨拶

はじめまして。のがわ歯科クリニックの野川雄一郎と申します。
私は歯科医師である両親のもと、町田市で生まれ育ちました。自宅が病院の真裏にあったので、子供のころは暇になると病院へ遊びに行ったり、常に歯医者というものが身近にある環境で育ちました。

高校生の頃になり将来について考え、歯医者というものを初めて職業として捉え、それに従事している両親の姿を改めて見直したとき、自分も歯科医師になると決めました。両親からは一度も歯科医師になってほしいとは言われたことはありませんでしたが、自分で決めたという実感もないくらい自然と歯科医師を目指しました。

歯科医師となり、地元町田に帰ってからは自分が生まれ育った町田に歯科医療を通して恩返しをしていきたいと考えるようになりました。これまでの人生のほとんどを過ごし、そしてこれからも暮らしていくこの街で、同じくこの街で暮らしている方々にお口の健康を通して少しでも貢献していきたいと考えています。

近年、歯科医療は虫歯になった歯を1本ずつ削って治療する治療中心の医療から、口腔内を1単位として虫歯や歯周病のリスクを見定め、これを予防するという予防中心の医療へと転換してきています。また、歯科疾患と全身疾患との関連が次々と明らかになり、全身の健康における口腔内の健康状態の重要性が改めて着目されています。そのどちらも患者さんの口の中だけでなく全身の状態やライフステージにあわせた患者さん一人一人と関わりの深い医療の必要性を示しているといえるでしょう。

当院は父が開業して以来45年以上町田で街の歯医者さんとして地域の歯科医療の一端を担ってきました。開業当時からずっと通っていただいている患者さんも多くいらっしゃいます。そういった患者さん達は「口のことで何かあればとりあえず野川歯科で診てもらえばいい」とおっしゃってくださいます。そのような信頼をいただいていることは非常に嬉しく思いますし、長年に渡りその信頼を得続けてきた父を尊敬しています。長年街の歯医者として診療をしていく中で患者さんお一人一人の口の中だけでなく体調や年齢に合わせながら関りを持って歯科医療を行っており、それはまさしくこれからの時代の歯科医療において益々重要となってくる部分と合致しています。

私はそんな父の診療スタイルを受け継ぎながら地域に根付いた街の歯医者として家族全員で通える歯科医院を目指しています。平日は仕事で忙しいという方のために土日も診療を行っています。また院内は外から診療室まで完全に段差のないバリアフリーとなっていますのでベビーカーを押しての通院や車いすの方にも通いやすくなっています。お子様から高齢の方まで皆さんが「口のことで何かあればとりあえずのがわ歯科でみてもらえば大丈夫」と思っていただけるよう診療しています。小さなお子さんは成長に合わせて、大人は年齢ごとのライフステージに合わせて一人一人と向き合い、患者さんと一緒に年を取っていく、そんな歯科医院でありたいと思っています。どんな些細なことでも構いません。何か気になることがあれば一度相談に来てみてください。スタッフ一同お待ちしています。

歯科医師紹介

歯科医師:野川雄一郎

歯科医師:野川雄一郎

略歴 町田市立南第三小学校 卒業
桐蔭学園中学校 卒業
桐蔭学園高等学校 卒業
日本歯科大学 卒業
福岡、横浜の病院にて勤務後、野川歯科医院にて勤務

すべての患者さんへ快適にご利用いただくために

駐めやすい駐車場があります。

医院の横と目の前に駐車場を併設しております。場所がおわかりにならない方は、当院までご連絡ください。また、駐められる車の数には限りがございますので、ご利用の前に当院まで一度ご連絡ください。

ベビーカー・車椅子でも安心な段差のない院内

院内はフルバリアフリーとなっており、受付、診察室、お手洗いまで一切段差はございませんので、ベビーカーや、車椅子でお越しの患者さんも安心して利用頂けます。

お手洗いにはおむつ台があります。

お子様をお連れの方が快適にご利用いただけるよう、当院ではお手洗いにおむつ台を設置しております。
また、トイレもベビーカーを入れて入れるよう広く設計しておりますので安心してご利用ください。

治療の前後に役立つパウダールームを併設

大きめの鏡をご用意し、明るいパウダールームをご用意しております。診療のあとの化粧直しや身だしなみのチェックにご利用ください。